×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOEICと英検資格を比較して見る英語資格の真実

TOEIC基本情報

 

 

まずTOEICとは?

 

国際コミュニケーション英語能力テスト(こくさいコミュニケーションえいごのうりょくテスト、Test of English for International Communication)、

 

通称TOEICは、英語を母語としない者を対象とした、英語によるコミュニケーション能力を検定するための試験である。
※Wikipedia参照

 

今となってはTOEICはさまざまな基準として使われています。

 

就職活動の評価、留学、大学の単位認定などに使っているところもあります。

 

 

A    860点〜 Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる。
B   730点?855点 通常会話は完全に理解でき、応答もはやい。
C   470点?725点 日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュニケーションができる。
D    220点?465点 通常会話で最低限のコミュニケーションができる。
E   〜215点 コミュニケーションができるまでに至っていない。

 

 

またこのように五段階評価でも示されています。

 

とにもかくにもTOEICは日本で英語のスキルと関わっていく上で必須のものになっています。

 

 

私の主観的な意見ですが、TOEICは英検と比較して大学生や社会人が受けているというイメージです。

 

会社の昇進のため、大学の単位のため、留学のため、そしてTOEICを受ける理由で一番多いと思われるのが就職活動で使うためです。

 

このように今や英語、国際関係だけでなく大学以降の評価基準として利用されているのがTOEICです。

 

試験はリスニングとリーディングに分かれており、990点満点になっています。

 

 


 
HOME TOEIC基本情報 英検基本情報